スマホは老眼の原因になる|改善すれば視力がクリアに

MENU

長時間使わない

眼鏡

休憩時間を作ろう

スマホをずっと使い続けていることで、老眼になってしまうことがあります。老眼というと、老化現象の一つだと思われがちですが、実は若者にも増えてきているのです。しかも、最近は小学生のうちからスマホを使うこともあるため、小学生で老眼になってしまう子どもも少なくありません。気をつける方法はあります。まず、スマホを長時間使わないようにしましょう。インターネットやゲームなどは、どうしてもキリがつきにくいものです。しかし、ずっと使い続けていると老眼になってしまうこともあるので、区切りをつけるようにしましょう。または、使う時間を決めておくといいかもしれません。仕事などでどうしてもある程度の時間、スマホでインターネットを使わなくてはならないというのであれば、休憩時間を取るようしましょう。1時間使ったら10分休憩するというように、休憩時間を作ることで多少は目を休めることができます。一定時間、画面を凝視することが老眼の原因に繋がってしまうからこそ、目を休める時間を作ることが大事です。それに、ずっと同じ姿勢で画面を見続けていると、肩こりになってしまうこともあります。姿勢も悪くなってしまい、血流が悪くなってしまうこともあるでしょう。慢性的に疲れが取れないという人は、スマホの使い過ぎかもしれません。スマホは便利なものではあるものの、使い方によっては体調に支障をもたらすこともあります。使い方には、十分、気をつけましょう。