スマホは老眼の原因になる|改善すれば視力がクリアに

MENU

近くの物が見えにくい

女性

若くても油断禁物

老眼というと中高年になってなるものと思っている人が多いのですが、若い人の中でも老眼と同じような症状に悩む人が増えています。スマホ老眼と言われるもので、夕方になったり薄暗い部屋に入ると物が見えにくくなったり、近くの物にピントが合いにくくなるなどの症状が現れます。また明るいところに行くとまぶしく感じることもあります。中高年以降になる老眼と違い一時的なものなので、疲れているからだろうと思い気にしない人もいますが、対処しないと視力の低下を招いたり頭痛や肩こりなどを引き起こすこともあるので注意が必要です。スマホ老眼になるのは長時間近くを見続けているからです。目は水晶体を薄くしたり厚くしたりしてピント調整しています。近くを見ている時には水晶体につながる毛様体筋を縮めて水晶体を厚くするため、毛様体筋を通常よりも酷使していることになります。すると毛様体筋が固くなり、遠くを見てもすぐにピント調整できなくなるのです。これがスマホ老眼の原因です。またスマホの画面を凝視していると瞬きするのを忘れてしまう人も少なくありません。目の奥に痛みを感じたり、充血する原因になります。この時点で目を休めないとスマホ老眼になりやすくなります。スマホ老眼を防ぐためには定期的に目を休めるようにすることが大切です。毛様体筋の緊張を和らげる目薬を利用したり、目の疲労をケアしてくれるアントシアニンなどが含まれているサプリメントなどを飲むのも良い方法です。