スマホは老眼の原因になる|改善すれば視力がクリアに

MENU

20代で発症することも

女性

若い世代でも増えている

老眼といえば、早い人なら40歳代から始まる。そんな印象を持っている人が多いことでしょう。しかし最近では、20歳代の若い世代でも老眼の症状が出てきたという人も増えてきています。その原因がスマホだとされています。ちょっとした空き時間や移動時間など、常にスマホが手放せず、ゲームやSNSにいそしんでいるという人が多数います。また、寝る直前までスマホを見る、あるいは部屋を暗くしてからも見ているという人も多くいます。そんな人たちは、少しずつ目の疲れが蓄積し、老眼になってしまうというのです。そもそも老眼は、加齢に伴い、視野のピントを合わせる目の機能が衰えることでおこるものです。スマホを目から近い場所で長時間使用することで、目の周りの筋肉が凝ってしまい、このような症状がでるというのです。またスマホ老眼の怖いところは、近いものが見えない・ピントが合わないということだけではなく、吐き気や頭痛まで起こる場合があることです。スマホの長時間使用による老眼は、まさに生活習慣によるものですから、日々の暮らしを見直すことで症状を改善、あるいは予防することができます。まずは当然の話ですが、スマホとの付き合い方を見直すことが第一です。現代社会の生活に必要不可欠なものになりましたが、少しスマホと離れる時間もつくりたいものですし、使用する際は背筋を伸ばしきれいな姿勢で見るだけでもずいぶんと違ってきます。また、スマホの画面ばかりではなく、窓の外など遠くの景色を時々見るようにするのも大事なことです。便利なスマホですが、体に不調をきたすような使い方は避けたいものです。