スマホは老眼の原因になる|改善すれば視力がクリアに

MENU

婦人

目の運動と休憩を

スマホは日常の生活で非常に利用する時間が長いと言えます。そのため老眼の症状が出る人も増えています。目の疲れをいやすために、日ごろから意識して利用時間を削減したり、目に良いと言われる運動や栄養素を摂取していく事も大切です。

目

抗酸化作用のある食べ物

スマホは生活に欠かせない必需品ですが、長時間使用していると若い年代の人も老眼のような症状が見られることがあります。スマホの視聴時間を短縮したり、ルテインやベリー類のサプリメントを服用するのもお勧めです。

女性

近くの物が見えにくい

スマホ老眼は老眼と同じように暗い場所では物が見えにくくなったり、近くの物にピントがあいにくくなるという症状がでてきます。近くを見続けていると目が疲れてこのような症状がでてきます。放置しておくと老眼になるのが早まるだけではなく、視力の低下も招くので早めに対処することが大切です。

女性

20代で発症することも

20歳代でも老眼の症状が出てきたという人が増えています。その原因がスマホだとされています。老眼の症状を改善・予防するには、スマホと離れる時間をつくること、遠くの景色を見る時間をつくること、きれいな姿勢で使用することなどがあります。スマホは便利ですが、使い方には十分注意をしましょう。

眼鏡

長時間使わない

スマホの使い過ぎによって老眼になってしまうことがあります。最近は小学生でも老眼になってしまうことがあるので注意が必要です。長時間使わないようにしたり、休憩時間を取るようにしたりして、上手に使いこなしましょう。

若いのに目が老いるケース

目

至近距離だけ見つめる危険

パソコンやスマホは現代社会で使わずに過ごすことが困難となっています。パソコンの利用で目が悪くなることは何十年も前から指摘されていましたが、最近ではスマホ老眼、というべき症状にかかる人が増加しているようです。そもそも老眼というのは、ごく簡単にいって老化により目の機能が衰え、目が色々な距離に焦点を合わせることができなくなっていく症状のことで、その名の通り高齢者に特有のものでした。若い頃なら目の筋肉が元気に機能するため、この状態を経験することはほとんどなかったはずでした。しかしスマホ老眼という症状は別です。これは、目の焦点が非常に近い距離でパソコンよりも格段に小さい画面の表示を長時間見つめ続けることで、目が焦点距離を変化させる必要性が少なくなるために発生するのです。つまり、若い人ほど長時間スマホをいじる傾向があるため、まだ20代前後でこの状態となる人が増加しつつあるのです。老眼に対する対策は長年の蓄積がありますが、それでも若いうちから遠くに目の焦点があいにくくなると、スポーツをする上では大変な影響がありますし、そうでなくとも老眼鏡をかけて生活するのは不便です。何より自分が老眼、という病名で診断されることのストレスも無視できません。対策としてはスマホを長時間使いすぎないこと、なのですが、スマホのコンテンツは年々充実し続けており、かなりの自覚をもってこまめに遠くを見る時間を持つなどしないと、知らず知らずのうちに目だけが老人となってしまうかもしれません。若い人は特に注意していきましょう。